ニートから正社員を目指す

転職エージェントをニートが利用するメリット・デメリット【年代別に解説!】

アイキャッチ

この記事に辿り着いたという方はこれから正社員を目指したいけど転職エージェントを利用した方が良いのかどうか迷っているという人が多いのではないでしょうか。

この記事では

  • 転職エージェントとは一体なに?どんなことしてくれるの?
  • ニートは転職エージェントを利用するべきなの?

といった疑問を解決するのに役立つはずですので是非ご覧ください。

ツルさん
ツルさん
転職エージェントについて既に知っている方はコンテンツ(目次)より自分の当てはまる年齢をクリックして見てね!

転職エージェントとは何か?

サポート内容

求職者の転職成功へ向けてコンサルタントがサポートを行ってくれる人材紹介サービス。

 

転職エージェントによるサポート内容
  • 個別面談・カウンセリング
  • 求人紹介
  • 書類添削
  • 面接対策
  • 入社のフォロー(入社日の調整、給与条件の調整などを代行してくれる
  • 入社後のフォロー(入社後の不満や悩みを相談できるなど

一般的には以上のようなサポートを行ってくれます。

 

ツルさん
ツルさん
求職者に寄り添い適切なアドバイスを行ってくれるので、これまで一度も就職活動をしたことが無いという人にこそ向いているサービスと言えます。

利用の流れを解説

アイキャッチ

転職エージェントを利用するイメージが湧かないという人に向けて解説していきます!

 

転職エージェント利用の流れ
  1. 転職エージェントの公式サイトへ行きWEB登録する
  2. WEB登録後、電話・メールで面談日程の調整を行う
  3. 転職エージェントの拠点へ行き、個別面談を受ける
  4. 求人を紹介してもらう
  5. 求人に応募する(面接スケジュール調整は代行してくれる)
  6. 書類添削・面接対策のサポートを受ける
  7. 内定・入社のフォローをしてもらう
  8. 入社後も悩みや相談を聞いてもらえる

以上が一般的な転職エージェントの流れになります。

 

ツルさん
ツルさん
転職エージェントによっては自分に合ったコースを選んだり、より本格的な面接対策を行ったりとそれぞれ特徴があったりします。しかし大体の流れは同じですね。

普通の転職サイトとの違いって何?

アイキャッチ
転職サイト転職エージェント
  • 求人数が豊富
  • 求人は自分で探す
  • 転職体験談・ノウハウを参考に出来る
  • 自分のペースで転職活動できる
  • 応募から面接、入社まで自分で手続き

例.リクナビNEXT、マイナビ転職など

  • 非公開求人が豊富
  • 求人を紹介してもらえる
  • 担当コンサルタントが付く
  • 応募書類添削面接対策が行える
  • 応募から面接、入社の手続きを代行してもらえる

例.リクルートエージェント、マイナビエージェントなど

簡単に転職サイト転職エージェントの特徴をまとめてみました。

 

この二つの違いは「一人で活動するか」「コンサルタントと二人三脚で活動するか」です。

 

非公開求人とは?

企業の名前や仕事の内容などの情報を検索し誰でもその求人にアクセスできるのが公開求人。

それとは違い検索しても出てこない転職エージェントが独自に保有している求人情報を非公開求人と言います

 

ニートはどちらを使った方がいいのか?

アイキャッチ

個人的にはニートは転職エージェントを使った方がいいと思います。

…が、年齢によって強くオススメできるかどうかは変わってきます。これについては年代別に後述していますのでご覧ください。

 

ニートが転職エージェントを使った方が良い理由
  • 就活に慣れていないニートが一人で行動しても結果が出ないことが多い
  • カウンセリングで仕事の適性を推し量ってくれる
  • ニート向けの求人を紹介してもらえる
  • 慣れない書類作成や面接のサポートを行ってくれる

結論として

マイペースに転職活動がしたい職務経歴に自信がある人転職サイトがオススメで、

転職活動に慣れていない職務経歴に自信がない人転職エージェントがオススメです。

20代前半ニートが転職エージェントを使うメリット・デメリット

転職エージェントを利用しなくても正社員を目指せる!?

アイキャッチ

20代前半で職務経歴に自信が無いブランクのあるニートだとしてもやる気をアピールすれば採用される可能性があります。

その理由は「企業がキャリア形成しやすいため」です。

 

キャリア形成とは、ある人が仕事を通じて職業能力を習得する活動である。

出典:wikipedia

 

企業は正社員として雇ったからにはいずれは会社の中枢で働いてもらえるような人材に育てたいと思うものです。その為に企業が研修などで育成をしていく必要があるわけですね。

20代前半だと多少粗削りでも30代になる前に一人前に育てあげればいいという感じで「育成期間に余裕が持てる」のです。

ツルさん
ツルさん
もし20代後半や30代だと企業はキャリア形成をし辛いと感じてしまうので、必然的に20代後半以上の年齢の求職者には即戦力が求められるというわけですね。

20代前半が転職エージェントを利用するメリット

自分の仕事の適性を知ることが出来る

20代前半ニートならまだ働きたい業界や職種を選択できる年齢ですので早めに適性を知っておきたい所です。

20代前半のニートが転職エージェントを利用することによって自分が向いている仕事が分かるかもしれません。

その理由は、その道のプロである転職エージェントのキャリアコンサルタントによる個別面談(カウンセリング)を受けることで自分でも気づけなかった適性を知ることが出来るかもしれないからです。

ツルさん
ツルさん
自分だけで考えるのと客観的に見て転職エージェントのキャリアコンサルタントが意見をくれるのとではやはり後者の方が新しい発想をもらえて刺激にもなります。

20代前半が転職エージェントを利用するデメリット

転職活動が余計に長引く可能性がある

転職活動は全て転職エージェント任せにしてしまい、自分から進んで求人を探したり、応募したりしなくなってしまう事で気づけば20代後半になっていた、なんてことになったらせっかくの数打ちゃ当たる20代前半の大事な期間を無駄にしてしまう可能性があります。

もちろん20代前半でも転職エージェントを利用して正社員になれれば問題はありません。

しかし20代前半の内は自分で動いても正社員採用の可能性はあるので、とにかく積極的に行動していきましょう!

アイキャッチ
25歳ニートは正社員に就職できるギリギリの年齢【脱出のコツを紹介!】もうそろそろ25歳になろうとしているニートへ…。 「今すぐ動き出さないと、この先ずっと正社員にはなれないかもしれませんよ?」 ...

20代後半ニートが転職エージェントを使うメリット・デメリット

20代後半が転職エージェントを利用するメリット

アイキャッチ

未経験OKの求人を厳選して紹介してもらえる点

20代後半になると正社員採用されるハードルが上がります。なぜなら企業側は即戦力を求める傾向にあるからです。

おそらく20代後半ニートが単独で求人を探して応募しても中々結果に繋がりにくいと考えます。

そこでニートでも利用可能な転職エージェントを利用し、未経験ニートからでも正社員を目指せる求人を紹介してもらうことが20代後半ニートの正攻法と言えるでしょう。

慣れていない転職活動のサポートを受けられる点

転職エージェントでは転職活動に慣れていないニート・フリーターなどの人たちの為に就職成功率をアップするサポートを行ってくれます。

 

就職成功率がアップするサポート
  • 求職者にマッチした求人の紹介
  • 非公開求人の紹介
  • 書類添削
  • 面接対策

非公開求人とは一般には公開されていない、その転職エージェントが独自に保有している求人のこと。

 

転職エージェントにて自分の希望条件や経歴に合った求人を厳選して紹介してもらえます。

尚且つ履歴書や職務経歴書の添削や面接対策もサポートしてもらえるので転職活動に慣れていない20代後半ニートの方は転職エージェントの利用は個人的に必須だと考えます。

書類選考スキップできる転職エージェントがある点

20代後半の空白期間のあるニートですと履歴書や職務経歴書を書くことが苦痛でしょうがないと思います。

ツルさん
ツルさん
実際に私がそうでした…。

そしてやっとの思いで書き上げて応募してみても書類選考の段階で落とされることも多いと思います。これでは転職活動もうまくいきません。

そこで20代後半ニートは書類選考をスキップして応募先の企業の採用面接に臨める、そんな求人のみを紹介してくれる転職エージェントを利用することを強くオススメします。

以下で紹介する転職エージェントは

ニートなどの訳ありの求職者への理解が深く類選考をスキップ出来るのが特徴です。

 

 

 

ツルさん
ツルさん
就職Shopは評判が良いので個人的にはオススメです。興味がある人は各記事をご覧ください。
アイキャッチ
【書類選考なしの転職エージェント】DYM就職、就職Shop、ジェイックを徹底比較!【どれを選べばいい?】空白期間のあるニートや正社員経験のないフリーターの方が転職活動をする際に躓いてしまいがちなのが「書類選考」です。 この記事では、書...

20代後半が転職エージェントを利用するデメリット

自分に適した転職エージェント選びをしないと中々就職できない

20代後半ニートと言うと正社員採用をもらえるかどうかはギリギリのラインです。30代になると正社員になるのが難しくなっていきますので何とか30代になる前に就職を成功させたいところです。

なので「転職エージェント選び」というものは凄く大事で、どのような特徴があるのか、どのような業界・職種の求人を保有しているのかなどを調べて自分にピッタリな転職エージェントに登録することが重要なのです。

 

30代が転職エージェントを使うメリット・デメリット

30代でも正社員を目指せる職種を取り扱う転職エージェントを利用する

これといった職務経歴が無いまま30代を迎えると一気に転職のハードルが上がります。

しかし、30代からでも正社員を目指せる職種はあります。

それが「SE(システムエンジニア)」「介護職」です。

この2つの職種は30代からでも正社員を目指せる可能性がありますし、尚且つ専門の転職エージェントが存在するので30代ニートは必見です。

SE(システムエンジニア)

プログラミング
30代ニートでもSEの正社員を目指せる理由
  • 募集しているSE求人の対象年齢が幅広い
  • 未経験OKの求人が多い
  • 未経験を自社で育てようというIT業界の流れがある
  • 人材不足なため
  • プログラマーほど専門的なスキルを必要とされないため

IT系の中でもSEは多くの企業が人材不足なため、「未経験OK」の求人を出しています。そして対象年齢が30代でも可能という所が多いのも特徴です。

IT企業は慢性的な人材不足を打破するために未経験者を自社で育てるという企業が多いです。そこで研修を受ける事によって30代でもSEの一人前になっていくことが出来るでしょう。

ツルさん
ツルさん
SEの詳しい仕事内容やおすすめ転職エージェントについては以下の記事でまとめていますので興味がある人は参考にしてみてください。



アイキャッチ
【未経験ニート必見!】IT系(SE・エンジニア)の正社員を目指す人が登録するべき転職エージェントランキングIT系(SE・エンジニア)の求人を自分で探すとなると、どれも「経験者優遇」のものばかりで断念する人も多いでしょう。 しかし未経験ニ...

介護職

介護職
30代ニートでも介護職の正社員を目指せる理由
  • 人材不足なため
  • 未経験・無資格でも働くことは出来るため
  • 介護職の現場で働く人の多くが30代以上の中途採用者

介護という業界は現在でも人材不足に悩まされているので、「未経験・無資格」でも手を借りたいという会社が多いのが現状です。

 

本当に30代からでも正社員を目指せるのか疑問に思う方も居るでしょう。

 

厚生労働省が25年度に発表した「介護労働の現状」を見ると分かりますが、介護現場で働く人の多くが30代以上であり、尚且つ中途採用者に至っては全体の84.7%を占めています。

中途採用者が多いということは多くの人が未経験からのスタートだったというわけですので、30代ニートでも十分正社員を目指せるのが介護職なのです。

ツルさん
ツルさん
介護職の詳しい仕事内容やおすすめ転職エージェントについては以下の記事でまとめていますので興味がある人は参考にしてみてください。
かいご畑
アイキャッチ
【2019年版】ニートが介護職の正社員を目指す方法を解説!【オススメ転職・求人サイト紹介】 この記事で分かる事 未経験ニートでも正社員採用される理由 介護職の仕事内容 介護職のオススメ転職・求人サイ...

 

35歳までならサポートしてくれる転職エージェント「DYM就職」

DYM就職出典:DYM就職

もし「SE」も「介護職」も興味がないという30代ニートの人は「DYM就職」が強い味方になってくれるかもしれません。

DYM就職の利用条件
年齢18歳~35
学歴高卒以上
分類ニート フリーター 高卒 既卒 第二新卒
ツルさん
ツルさん
高卒以上の35歳までを対象としており、ニートへの理解も深い転職エージェントは私が知っている限りではDYM就職だけです。

DYM就職の最大の強みは「書類選考をスキップできる」点です。

ニートの人ですと職務経歴に自信がないから書類選考がある企業への求人に応募する前に諦めてしまう、そしてニート期間が長期化するという悪循環になってしまいます。

しかしその書類選考をスキップしていきなり採用面接へいける企業のみを紹介してくれますのでニートの人は必見の転職エージェントと言えます。

ツルさん
ツルさん
DYM就職をもっと詳しく知りたい人は以下の記事をチェックしてみてください。
アイキャッチ
【正社員を目指す20代ニート必見!】転職エージェントのDYM就職を徹底解説!【口コミや評判も紹介!】DYM就職は求職者(フリーター・ニート・第二新卒・既卒)の20代へ向けて就職・転職支援のサポートをしてくれる転職エージェントです。 ...

30代が転職エージェントを利用するメリット

総合型ではなく専門的な転職エージェントを選べばメリットはある

総合型とは幅広い業界・職種の求人を保有している転職エージェントの事です。

専門的な転職エージェントとは、例えば…

「介護職の求人のみを取り扱う」

「IT系のみを取り扱う」

のような転職エージェントの事を指します。

ツルさん
ツルさん
先ほど紹介したように30代でも転職が成功しやすい職種の求人を専門的に取り扱っている転職エージェントを利用した場合は、正社員になれる確率が上がるのでメリットと言うことが出来るでしょう。

30代が転職エージェントを利用するデメリット

転職エージェントによっては求人紹介をほとんどしてもらえない

30代を越えてしまうと例え転職エージェントに登録出来たとしても、求人を全然紹介してもらえない可能性があります。

なので、転職エージェントから求人紹介されるのを待っているだけだと、転職活動が長期化してしまう危険性もあります。

なので、転職エージェントだけを利用するのではなく、その他の就職支援機関(ハローワークなど)と併用した方が賢明だと考えますね。

アイキャッチ
ニートの転職活動はハロワと転職エージェントの併用がベストって話【体験談も語ります】ニートの転職活動にはスピードが大事です!なぜなら、転職活動が長引いてしまうとニートに逆戻りしてしまう可能性が高いからです。 なかな...

まとめ

以上、年代別にメリット・デメリットを解説してきました。

改めてまとめてみますと

20代前半ニート個人で動いても正社員になれる可能性はまだある!

20代後半ニート書類選考スキップ出来る転職エージェントを利用しよう!

30代ニート30代でも正社員を目指せる職種専門の転職エージェントを利用しよう!

このようになります。

自分の年齢に合わせて身の振り方を変えないと予想以上に転職活動が長引いてしまう可能性もありますので、この記事が働きたいと思い始めたニートの方の手助けになれば幸いです。

正社員を目指すニートが利用できる転職エージェント
エージェント 対象者 求人数 特徴
就職Shop

18歳~30歳   中卒以上

求人エリア:東京 神奈川 埼玉   千葉 大阪 兵庫 京都

書類選考スキップ

人材大手リクルートキャリアが運営しているので安心!

未経験OKの求人が多い

模擬面接に力を入れてくれる

DYM就職18歳~35歳  高卒以上

求人エリア:全国

書類選考スキップ

優良企業の紹介

就職率は驚異の96%

ハタラクティブ18歳~29歳  中卒以上

求人エリア:東京 神奈川 埼玉 千葉 大阪

未経験の20代に特化!

約60,000人のサポート実績

首都圏での就職ならココ!

ジェイック17歳~34歳  高卒以上

求人エリア:全国

書類選考スキップ

利用者に合わせた就職講座

営業職の求人に強い

ウズキャリ18歳~29歳  高卒以上

求人エリア:東京 神奈川 埼玉 千葉 大阪 名古屋 福岡

首都圏の求人に強い

ブラック企業の排除

ワークポート20代~40代  学歴不問

求人エリア:全国

IT・WEB業界に強い

IT系ではトップクラスの実績

Geekly20代~50代  未経験OK

求人エリア:東京23区中心

ゲーム業界に強い